返済金利に注目しておく

キャッシングをするときに重要なのは金利です。しばらく返済でおつきあいすることになる金利ですから、低ければ低いほどありがたいものです。最近は消費者金融のキャッシングも、利率が4パーセントから18パーセントと銀行並みに低くなってきたのは嬉しい限りです。

 

消費者金融大手各社の金利を比較してみると、低金利の商品では低い会社が4.5パーセント、高め設定の会社でも5.5パーセントと本当に安くなっています。逆に最高金利を見てみると、18パーセントに設定されているところがほとんどですが、17.8パーセントとなっている会社があります。

 

この会社でキャッシングをすれば、いちばん金利の高い商品でも他社より安い利息で済むということで、これは大きな魅力です。金利は借りるお金によって、またはその人に設定される融資限度額によって変わってくるのです。実は限度額が高ければ高いほど、利率は安くなる傾向があります。

 

単発ではなく、しばらくの間キャッシングを利用するつもりであれば限度額を大きく設定してくれるところで借りると利率が他社よりも安く済む場合が多いのです。キャッシングをする際は各社の金利の他に、融資限度額にも着目してみることです。