親の借金を子供が継ぐか

お金を借りたことがない人が、一生借金の返済から関係ない立場でいられるかというと、それは確実であるとは言えません。自分が借りなくても他の人が作った借金の保証人となることで、返すべき責任のある人がいなくなってしまった場合に、代わりに返済を迫られることになります。そんな借金の飛び火は、親子関係家族関係でも起こります。

 

親が作った借金は、そのまま子供のものとはなりませんが、親が返済を終える前になくなってしまった場合には、原則的には子供に返済義務が移ることになります。子供でなくても妻でも、その人の遺産を受け継ぐ人が他の財産と一緒に借金を継ぐことになります。ですから借金を返済したくない場合には、財産の受け取り自体を放棄してしまいましょう。

 

もし受け取り放棄を行う前に、自家用車や家や、財産の一部だけでも自分の名義にしてしまったときには、放棄権がなくなることもあるので注意しましょう。何かをもらう前に、まず借金の存在を確かめることで、借金返済の義務から逃れることができます。

 

借金を貸している金融機関は、何らかの事情により返済に滞りが生じた場合、家族が代わりにお金を返すのが当然といった態度で要求してきます。一度返済してしまうと、責任を了承したともとられるので、まずは慎重な調査を心がけましょう。

 

借金に関する相談、債務整理の相談は専門とする法律事務所を探すべきですので、まずは債務整理無料相談の情報を見ておき、信頼の出来る弁護士や司法書士に話を聞いてみましょう。