闇金業者の実態と対処

闇金とは、貸金業者として正式な登録を行わずに、利子をつけて金銭を貸し出す業務を指す言葉です。現在、貸金業法では年率20%以上で融資を行うことを禁じていますが、闇金がこの法律を守ることはありません。違法な貸金を行う業者は法外な金利をでお金を貸している場合がほとんどであり、債務者が返済できないことを前提に融資を行っているのです。

 

返済できないような借金を背負わせて、一体何の得があるのかと思われるかもしれません。実は、違法業者は債務者が他の金融機関で借りたお金で借金を返済することを狙っています。こうした業者にとって、債務者が給与などで借金を返済できないことは計画の内に入っていますし、借金返済の手段はなんでも良いわけです。

 

さて、闇金といえば恐喝まがいの取立ての電話をかけてくるイメージがあります。実際、借金の返済が滞ると、恐ろしい文言を交えた取立ての電話がかかってきます。こうした電話がかかってきたとしても、慌ててはいけません。電話では、家まで取立てに行くと脅してくるかもしれませんが、実際に業者が家に来ることはほとんどないのです。

 

取立ての電話への一番の対処法は、電話に出ないことです。ただ、毎日鳴り響く電話を無視し続けるのもストレスが溜まります。闇金業者で払いきれない借金を抱えた際は、最寄りの弁護士事務所にいち早く相談することが肝要です。

 

なるべく実害がおよばないうちに、早くにヤミ金被害サイトを見ておき、解決方法や相談先を知っておいてください。